グルコサミン

コンドロイチンで老眼、白内障を撃退!

関節の痛みや腰痛などに効果があることで知られているコンドロイチンは、老眼や白内障にも効果があります。
40代、50代くらいから現れ始める老眼という現象は、目が自動でピントを合わせる本来持っている働きが低下するからです。
目には、カメラのようにレンズをする役割がある水晶体があります。

この水晶体が自動で厚みを変えてくれることで近くでも遠くでもしっかりと見えることができるのです。
近くを見る際には、水晶体は厚く、遠くを見る際には、水晶体は薄く、という具合に自動で厚みを変えて、 不自由なく物が見えるようにしてくれるのですが、年齢を重ねることで、水晶体の伸縮性が失われていくのです。

この伸縮性とコンドロイチンには深い関わりがあり、これが加齢とともに減少していくことで、老眼や白内障を引き起こしてしまうのです。
またコンドロイチンは、水晶体の奥にある硝子体にもたくさん含まれている成分で、減少することで、飛蚊症という、虫が飛んでいるように見える病気を引き起こす原因にもなるのです。

硝子体は弾力のある構造をしているものですが、ここにもコンドロイチンが重要な役割をしているのですね。
また、コンドロイチンは、目の表面にある角質にも存在しているので、減少することで、目の透明度が保てなくなり、濁ってくるのです。
年齢を重ねることで、老眼や白内障といった、目の病気も増加してきますが、これは体内のコンドロイチンが減少することと、深い関わりがあったのですね。

ですから加齢によって、目の異変を感じている方は、コンドロイチンが配合されたサプリメントを摂ることがおススメです。
コンドロイチンには、関節痛や目の病気以外にも美肌の効果や血管を丈夫にしてくれるなどの嬉しい効果がたくさんあります。
年齢が気になり始めた方は、これら病気や症状を未然に防止するためにも、コンドロイチン配合のサプリメントを始めてみてはいかがでしょうか。
納豆やオクラ、山芋などのネバネバ系の食品にも、コンドロイチンは豊富に含まれているのでおススメです。
年齢を重ねると衰えてくる脳細胞の活性化にはアラキドン酸が効果的です。
高齢者だけでなく若い人にも摂取してもらいたい成分です。

このページの先頭へ